S-URUMA PJ.2018

シンボルツリーのシルエットを美しく映し出す杉板打ち放しコンクリートがインパクトある建物です。閉鎖的なファサードとは対照的にLDKの天井を3m60cmと高くし、キッチン側のハイサイドライト、リビングの大開口が空間を明るく開放的に見せてくれます。また、回遊動線のつくりは生活の利便性と機能性に富んでます。