M-URASOE PJ.2020

中庭を中心にぐるりと回遊することができます。また、プライバシー性も高いため、目線や防犯面を気にせずに採光・通気をすることができます。造り付けのTVボード、カウンター棚はリビング空間の一体感を演出します。また、高台を活かして景色を一望できるテラスをつくり、閉鎖的なファサードとは対照的に室内は明るく開放的な空間となっております。

名称未設定 1.jpg

​今回、使用されている家具は​

こちら