ZEH  とは?

ZEHとは?

ゼッチとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。
そのZEHゼッチについて、詳しくご紹介いたします。

国内の住宅について2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を設定しており、地球温暖化対策計画(平成28年5月閣議決定)においても同様に政策目標を設定しています。 国土交通省は、経済産業省・環境省と連携して、住宅の省エネ・省CO2 化に取り組み、ZEH等を実現することを目指します。ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

 政府目標 

エネルギー

住宅の高断熱性能、省エネ設備機器、HEMS、太陽光発電システム等を組み合わせ、エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのこと。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のポイント

​POINT1

​省エネ

​断熱・気密性能・通風採光性を高め、室内温度を年中快適に保つことで、エアコンの使用頻度を低減。最新省エネ機器などの導入で、無駄なエネルギー消費を抑えます。

​POINT3

​蓄エネ

​太陽光発電でつくった電力や、割安な深夜電力を蓄電池などにためておくことで、消費電力の多い日中などに使うことが可能。最近は電気自動車などを蓄電池の代わりに利用することもできます。

POINT2

​創エネ

​自然エネルギーを活用し、太陽光発電システムや家庭用燃料電池(エネファーム)などでエネルギーをつくります。創エネ機器や自治体によっては補助金があります。

POINT4

​HEMS

​過程で使うエネルギーを節約するための管理システム。電気機器をネットワーク上で管理、リアルタイムで利用状況を把握・コントロールしてエネルギーを自動制御します。

年間消費するエネルギーの収支をゼロに

地球温暖化は大変深刻な問題です。そして、東日本大震災以降、私たちはもちろん、国の方向性もエネルギーがテーマとなっています。これらにより国は2020年までにはすべての新築住宅・建築物に対して、省エネ基準への適合を義務付ける⽅針であり、さらに2030年には、すべての住宅・建築物で、ゼロエネルギー化を実現する⽅針を打ち出しています。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の躯体・設備の省エネ性能を向上、さらに効率的な住宅設備や再生可能エネルギー(太陽光発電等) をプラスすることで、一般住宅で年間消費するエネルギーの収支がほぼゼロになる住宅のことをいいます。

ZEHには補助金が交付されます。

​新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。 お住いの省エネ化をおトクに叶えられるチャンスです。

性能UP分の

​費用を補助

補助金定額

70万円

​+

蓄電池

​設置の場合

​上限30万円

​万円

/kWh